本文へ移動

News

展覧会紹介の動画を公開しました
2020-11-21
注目
現在開催中の秋季特別展Ⅱ「野村得庵没後75年 茶の湯のわびと美」の展覧会紹介動画を作成いたしました。
展示作品のクローブアップや解説もございます。5分ほどの動画となっておりますので、ぜひお気軽にご覧くださいませ。
 
秋季特別展Ⅱ「野村得庵没後75年 茶の湯のわびと美」がはじまります
2020-10-23
明日10月24日(土)より秋季特別展Ⅱ「野村得庵没後75年 茶の湯のわびと美」がはじまります。
野村證券の創業者であり、一大金融財閥を築いた二代目・野村徳七は、“得庵”と号し、
茶の湯は藪内流、能は観世流を嗜む近代数寄者のひとりでした。
その得庵自身が京都別邸・碧雲荘にて行った大正12年12月の「南遊記念茶会」、
大正13年11月に豊国神社で行った「豊秀舎・新席披露茶会」、
大正14年秋の光悦会で担当した「騎牛庵」での茶席の再現展示を行います。
得庵が数々の美術品を蒐集しながら、その美意識を実際の茶会において磨いていった経過など再現しつつ、
その行き着いたわびの境地を探っていきます。
 
また地階併設展は下記の通り個展となります。
 
やわらぎをもって 村田浩一郎 高麗茶垸展   10月24日(土)  ~ 11月  1日(日)
作陶五十年・襲名二十周年 
東海道五十三次茶盌完成記念 叶松谷展     11月  3日(火)  ~ 11月  8日(日)
田端志音 作陶展 [えもよう]          11月10日(火)  ~ 11月23日(月)
中村康平茶盌展「現代の古典」           11月25日(水)  ~ 11月29日(日)
第六回 幽展 山崎脩・甲斐玲子        12月  1日(火)  ~ 12月  6日(日)
保庭楽入 信楽 茶陶展            12月  8日(火)  ~ 12月13日(日)
 
なおそれぞれ個展最終日は地階併設展のみ16時まで(通常は16時半まで)となります。
 
※コロナウイルス感染予防対策のため、秋季展開催中、立礼席は休席しております。
 
 
[ご好評につき追加開催]谷館長による特別鑑賞会 開催のお知らせ
2020-10-02
[定員に達しましたので締め切りました。以後キャンセル待ちの受付となります]
 
秋季特別展「野村得庵没後75年 茶の湯のわびと美」開催中の12月7日(月)に【野村美術館 谷館長による特別鑑賞会】を行います。
休館日に特別に開館し、限定12名様に、谷館長による講義・特別鑑賞会・列品解説・呈茶などを通じて語り合っていただけるよう企画いたしました。
 
【日時】 2020年12月7日(月) 13:30~15:30頃(約2時間)
 
【内容】  
・和室にて谷館長による講義・美術品特別鑑賞会
(館蔵品数点を展示ケース越しではなく和室にてご鑑賞)
・展示室にて谷館長による列品解説
・立礼席にて抹茶と和菓子を召し上がりながら谷館長と歓談
・当館のポストカードを進呈
 
【参加費】 5,000円〔税込〕(当日現金にてお支払いいただきます)
 
【定員】先着12名様(定員に達し次第締め切ります)
 
※内容は9月28日(月)に開催した「特別鑑賞会」と同じものとなります。
 
※コロナウイルス感染予防対策のため中止となる場合がございます。予めご了承ください。
なお当館では館内の清掃・消毒の徹底、空調システム等による外気の取り込みおよび十分な換気、飛沫ガードの設置、
スタッフのマスク着用や健康チェックなど、感染予防対策を実施しております。
ご来館の際には、マスクの着用や咳エチケットなどのご協力をお願いいたします。
 
お申し込みは当ホームページ「お問い合わせ」か
メール(nomurams@nomura-museum.or.jp)もしくは
FAX(075-751-0586)にて。

みなさまのご参加をお待ちしております。
 
 
秋季特別展「懐石のうつわ -秋・冬のしつらえ-」がはじまります
2020-09-05
本日9月5日(土)より秋季特別展「懐石のうつわ -秋・冬のしつらえ-」がはじまります。
 
1F展示室では懐石料理にかかすことのできない“うつわ”に焦点をあて、野村得庵愛用の鉢類、椀類、向付、徳利や盃等を展示します。
今回は秋・冬のデザインのもの主体に、また茶席飾りでは秋の取り合わせで設え、
懐石のうつわだけでなく秋から冬にかけて季節を満喫していただく構成になっています。

また地階展示室では、「煌めきのギヤマン・バカラ ガラスの懐石具」展を開催いたします。
明治末期頃に大阪の美術商・春海商店三代主人の春海藤次郎が、フランス・バカラ社に図面を送りオーダーし、
野村得庵のもとへ収められた懐石具一式や、その他ギヤマン大皿など、ガラス製の皿や鉢を陳列します。
1FとBFの展示を併せて季節を感じながら“懐石のうつわ”をお楽しみ下さい。
 
※この秋の展覧会は下記の通り2部制といたします。
  9/5 - 10/18 「懐石のうつわ -秋・冬のしつらえ」
10/24 - 12/13   「野村得庵没後75年 茶の湯のわびと美」を開催いたします。
 
※コロナウイルス感染予防対策のため、秋季展開催中、立礼席は休席しております。
 
 
谷館長による特別鑑賞会 開催のお知らせ
2020-07-15
【定員に達しましたので締め切りました】
 
秋季特別展「懐石のうつわ -秋・冬のしつらえ-」開催中の
9月28日(月)に【野村美術館館長 谷晃による特別鑑賞会】を行います。
休館日に特別に開館し、限定12名様に、谷館長による講義・特別鑑賞会・列品解説・呈茶などを通じて語り合っていただけるよう企画いたしました。

【日時】 2020年9月28日(月) 13:30~15:30頃(約2時間)
 
【内容】  
・和室にて谷館長による講義〔30分程度〕
美術品特別鑑賞会
(館蔵品数点を展示ケース越しではなく和室にてご鑑賞)
・展示室にて谷館長による列品解説〔60分程度〕
・立礼席にて抹茶(末富さんの主菓子とともに)を召し上がり
 ながら谷館長と歓談
・お帰りに当館のポストカードを進呈いたします
 
【参加費】 5,000円〔税込〕
(当日現金にてお支払いいただきます)
 
【定員】先着12名様(定員に達し次第締め切ります)

※コロナウイルス感染予防対策のため中止となる場合がございます。予めご了承ください。
なお当館では館内の清掃・消毒の徹底、空調システム等による外気の取り込みおよび十分な換気、飛沫ガードの設置、スタッフのマスク着用や健康チェックなど、感染予防対策を実施しております。
ご来館の際には、マスクの着用や咳エチケットなどのご協力をお願いいたします。
 
 
お申し込みは当ホームページ「お問い合わせ」か
メール(nomurams@nomura-museum.or.jp)もしくは
FAX(075-751-0586)にて。

みなさまのご参加をお待ちしております。
 
 

 
 
展示品(~4/19)の写し絵「織部手付四方鉢」公開のお知らせ
2020-04-04
このたび婦人画報さんにおいて連載中の陶芸家・田端志音氏による【茶の湯草紙】第4回が公開されました。
今回は「懐石のうつわ」展にて展示中(~4/19)の館蔵品「織部手付四方鉢」です。
ぜひご覧ください。
 
【略歴 田端志音】
1947年生まれ。1985年より5年間、江戸時代から続く大阪の道具商「谷松屋戸田商店」に勤める。
そこで数々の名品を実際に拝見する機会に恵まれ、その貴重な体験を通して1991年、陶芸の道へ。
2004年、軽井沢に「志音窯」を構える。オリジナルの創作活動のほか、尾形乾山や北大路魯山人の写しにも精力的に取り組む。 
本連載は下記、婦人画報さんのサイトからご覧いただけます。
展示品(~4/19)の写し絵「乾山 百合絵鉢」公開のお知らせ
2020-03-28
このたび婦人画報さんにおいて連載中の陶芸家・田端志音氏による【茶の湯草紙】第3回が公開されました。
今回は「懐石のうつわ」展にて展示中(~4/19)の館蔵品「乾山 百合絵鉢」です。
ぜひご覧ください。
 
【略歴 田端志音】
1947年生まれ。1985年より5年間、江戸時代から続く大阪の道具商「谷松屋戸田商店」に勤める。
そこで数々の名品を実際に拝見する機会に恵まれ、その貴重な体験を通して1991年、陶芸の道へ。
2004年、軽井沢に「志音窯」を構える。オリジナルの創作活動のほか、尾形乾山や北大路魯山人の写しにも精力的に取り組む。 
本連載は下記、婦人画報さんのサイトからご覧いただけます。
『研究紀要』第29号(2020年)刊行しました
2020-03-10
当館の研究紀要第29号を刊行いたしました。
内容や入手方法については当館SHOPページをご覧ください。
館蔵品の写し絵「仁清 長肩衝茶入 銘存命」公開のお知らせ
2020-03-08
このたび婦人画報さんにおいて連載中の陶芸家・田端志音氏による【茶の湯草紙】第2回が公開されました。
今回取り上げられた館蔵品は「仁清 長肩衝茶入 銘存命」です。
ぜひご覧ください。
 
【略歴 田端志音】
1947年生まれ。1985年より5年間、江戸時代から続く大阪の道具商「谷松屋戸田商店」に勤める。
そこで数々の名品を実際に拝見する機会に恵まれ、その貴重な体験を通して1991年、陶芸の道へ。
2004年、軽井沢に「志音窯」を構える。オリジナルの創作活動のほか、尾形乾山や北大路魯山人の写しにも精力的に取り組む。 
本連載は下記、婦人画報さんのサイトからご覧いただけます。
春季特別展「懐石のうつわ」が始まります
2020-03-06
明日3月7日(土)より春季特別展「懐石のうつわ」を開催いたします。
 
1F展示室では懐石料理にかかすことのできない“うつわ”に焦点をあて、
野村得庵愛用の鉢類、椀類、向付、徳利や盃等を展示します。
BF展示室ではフランス・バカラ社製の懐石具一式や、
その他ギヤマン大皿といったガラス製の皿や鉢を陳列します。
季節を感じながら様々な懐石のうつわをお楽しみ下さい。
 
※コロナウイルス感染予防対策のため、3/7~3/31まで立礼席は休席しております。
 
※今後、感染拡大の状況などによりましては、変更する場合があります。
TOPへ戻る