本文へ移動

各種講座について

新型コロナウイルスに関連した対応について

新型コロナウイルスの感染予防対策のため、本年度の定期講演会は全て中止いたします。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

会員制定期講演会  ※今年度会員募集は締め切りました。

会員制の定期講演会です。
会員の方は、展覧会期間中に当館主催の定期講演会(呈茶付)を受講いただけます。
定員制ですので、詳しくは当館へお問い合わせ下さい。
 
2020年度 定期講演会
 
日    程
演    題
講    師
     3 月13日 (金)
  文化財修理の世界
  ー掛け軸の修理を中心にー
   岡 岩太郎 氏(岡墨光堂代表取締役)
4 月10日 (金)
  幻の粟田の窯を探して
   松枝 しげ美 氏
 (NPO法人 京都観光文化を考える会・都草 副理事長 )
5 月22日 (金)
  中村宗哲家の塗物と
    諏訪蘇山家の焼物
中村 宗哲 氏(千家十職 塗師 十三代)
諏訪 蘇山 氏(蘇山窯 四代)
9 月18日 (金)
  尾形乾山の人生とその作品(仮)
   西川 秀敏  氏 
  (海雲山 法蔵禅寺住職・花園大学国際禅学研究所客員研究員)
10月9日 (金)
  庭屋一如 ~自然と建築~
 桐浴 邦夫 氏 (京都建築専門学校副校長)
11月 6 日 (金)
《シンポジウム》
  高麗茶碗の魅力-御本と法基里窯-
 梶山 博史 氏 (香雪美術館学芸課長)
 降矢 哲男氏(京都国立博物館 学芸部 工芸室 研究員
 朴 珉廷氏(日韓茶文化研究者)     ほか
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※   11月6日シンポジウムの会場は「国際交流会館」となります。どなたでもご参加いただけます。
※ 2021年度の受付は、2020年4月1日(水)以降にお問い合わせください。

古筆を読む会 

毎月、第1水曜日(8月・12月は除く)の14:00-15:30に開催しています。
年10回の授業で、当館館長 谷晃が講師を務めます。演習形式の講座です。
定員制(23名)ですので、詳しくは当館へお問い合わせ下さい。
 
2020年度の会員募集は終了致しました。

茶会記を読む会

毎月、第3水曜日(8月・12月は除く)の14:00-15:30に、桃山時代の茶会記の講読会を開催しています。
年10回の授業で、当館館長 谷晃が講師を務めます。講義形式の講座です。
定員制(23名)ですので、詳しくは当館へお問い合わせ下さい。
 
2020年度の会員募集は終了致しました。
TOPへ戻る