各種講座について

会員制定期講演会  ※今年度会員募集は締め切りました。

会員制の定期講演会です。
会員の方は、展覧会期間中に当館主催の定期講演会(呈茶付)を受講いただけます。
定員制ですので、詳しくは当館へお問い合わせ下さい。
    9月28日 () 「武家茶の湯から大名茶の湯へ 講師  :  谷   晃  野村美術館 館長)
  10月12日 () 「野村得庵と高山寺遺香庵」   講師  :  桐山 秀穂  (野村美術館 研究員)
  11月  9 () 「現代の写し」           講師  :  束芋(たばいも)  現代美術家)
  ※ 2018年は秋季展からリニューアルオープンのため、全3回となっております。
 
来年度の定期講演会ご案内送付の登録は本年4/2~10/31の間に受け付け致します。
電話またはお問い合わせフォームよりお尋ねください。

古筆の会 

毎月、第1水曜日(8月・12月は除く)の14:00-15:30に開催しています。
年10回の授業で、当館館長 谷晃が講師を務めます。演習形式の講座です。
定員制(20名)ですので、詳しくは当館へお問い合わせ下さい。

茶会記を読む会

毎月、第3水曜日(8月・12月は除く)の14:00-15:30に、桃山時代の茶会記の講読会を開催しています。
年10回の授業で、当館館長 谷晃が講師を務めます。講義形式の講座です。
定員制(20名)ですので、詳しくは当館へお問い合わせ下さい。

茶文化講座

美術館閉館期間、第4水曜日の14:00-15:30に開催しています。
1月・2月・6月7月・8月の年5回の授業で、当館館長 谷晃が講師を務めます。
テキストを講師が読み上げ、そこに記述されている内容について講義参加者でディスカッションしていただき、後で講師が補足解説します。
定員制(20名)ですので、詳しくは当館へお問い合わせ下さい。