本文へ移動

野村美術館について

野村美術館の概要

野村美術館は、野村證券、旧大和銀行などの創業者である野村徳七(号得庵)(1878-1945)のコレクションをもとに、1984年に開館いたしました。
当館では、茶道具・能面・能装束をはじめ、得庵の遺作も含めて約1700点を所蔵しています。
そのなかには重要文化財7件(《伝紀貫之筆 寸松庵色紙》・《佐竹本三十六歌仙 紀友則》・《清拙正澄筆 秋来偈頌》・《宗峰妙超筆 白雲偈頌》・《雪村周継筆 風濤図》・《千鳥蒔絵面箱》・《藤原定家・民部卿両筆 讃岐入道集》)や重要美術品9件が含まれています。
当館のある南禅寺界隈は、閑静な別荘地として有名です。古くより多くの政財界人が別荘を営み、いまなお静かなたたずまいを保っています。
哲学の道や永観堂も近く、桜や紅葉の名所としても知られております。
当館では、得庵コレクションを中心に、春季(3月上旬~6月上旬) と 秋季(9月上旬~12月上旬) の年2回、テーマに基づいて展示しています。

野村得庵について

野村得庵
野村得庵
明治11年(1878年)に大阪に生まれた野村徳七は27歳で家業である両替商を継ぎ、証券業を始めます。
日露戦争時に財を成した後、野村銀行を設立、本格的に金融業に乗り出しました。またインドネシアやブラジルでの農場経営などの海外事業も展開、野村財閥という一大金融グループを築きあげました。
帝国議会の貴族院議員としても活躍し、日仏文化協会設立に尽力した功績によりフランス政府よりレジオンドヌール勲章を授与されています。
このように精力的に事業を展開する一方、得庵と号して、茶の湯や能楽に傾倒し、近代数寄者としても名をはせました。
野村得庵 略年譜(年齢は数え年)
 
1878年(明治11年)    1歳   8月2日誕生。幼名信之助。
1903年(明治36年)  26歳   山田きくと結婚。
1903年(明治37年)  27歳   父より野村徳七商店を継ぐ。
1907年(明治40年)  30歳   父初代徳七死去(58歳)。二代目徳七を襲名。
1913年(大正 2年)   36歳   茶の湯の藪内節庵稽古場に入門。得庵号を受ける。
1914年(大正 3年)   37歳   このころから上田耕甫に日本画を学ぶ。
1917年(大正 6年)   40歳   野村徳七商店を改組し、株式会社野村商店を設立。ボルネオの農園を買収。
1918年(大正 7年)   41歳   株式会社野村銀行設立。京都・碧雲荘使用開始。
1919年(大正 8年)   42歳   神戸住吉・棲宜荘着工。弟実三郎死去(40歳)。
1922年(大正11年)  45歳   野村合名会社を設立し、社長に就任。
1923年(大正12年)  46歳   棲宜荘使用開始。南洋視察旅行。南游記念茶会を催す。
1924年(大正13年)  47歳   棲宜荘新築披露茶会。光悦会大虚庵席担当。
1925年(大正14年)  48歳   野村證券株式会社設立。光悦会騎牛庵担当。
1928年(昭和 3年)   51歳   昭和天皇即位式のため碧雲荘が久邇宮殿下の宿舎となる。
1929年(昭和 4年)   52歳   碧雲荘にて御大典奉祝大茶会。
1935年(昭和10年)  58歳   碧雲荘舞台披きにて「翁」「鶴亀」演能。
1937年(昭和12年)  60歳   野村合名会社社長を義太郎に継承。熱海の塵外荘着工。
1938年(昭和13年)  61歳   碧雲荘にて還暦茶会。
1939年(昭和14年)  62歳   塵外荘使用開始。
1941年(昭和16年)  64歳   塵外荘茶室披き茶会。
1945年(昭和20年)  68歳   1月15日死去(68歳)。
 

ご注意

写真・文章等の情報を無断で転載・複製することを禁じます。
TOPへ戻る