本文へ移動

展覧会情報

2020年 秋季特別展

2020年秋季特別展Ⅱ
 野村得庵没後75年 茶の湯のわびと美 
 
 10月 24日 (土)  ~ 12月13日 (日)   
 
 
野村證券の創業者であり、一大金融財閥を築いた二代目・野村徳七は、“得庵”と号し、
茶の湯は藪内流、能は観世流を嗜む近代数寄者のひとりでした。
その得庵自身が京都別邸・碧雲荘にて行った大正12年12月の「南遊記念茶会」、
大正13年11月に豊国神社で行った「豊秀舎・新席披露茶会」、
大正14年秋の光悦会で担当した「騎牛庵」での茶席の再現展示を行います。
得庵が数々の美術品を蒐集しながら、その美意識を実際の茶会において磨いていった経過など再現しつつ、
その行き着いたわびの境地を探っていきます。
 
***
 
Fall 2020 Special Exhibition II
Chanoyu no Wabi to Bi
Simplicity and Beauty of Tea ceremony
– memorial exhibition marking the 75th anniversary of Tokuan Nomura’s death
 
Saturday, October 24 -Sunday, December 13
 
 
Tokushichi Nomura II(1878-194, the founder of Nomura Securities Co.,Ltd. built a major financial conglomerate.
He was known in artistic circles by the name Tokuan Nomura, and he studied tea ceremony class at the Yabunouchi School. 
He also studied Noh theater at the Kanze School. Tokuan was known as one of the modern Sukisha, masters of the tea ceremony.
We are exhibiting three reproductions of Tokuan’s tea ceremony gatherings:
The "Nanyu Kinen Chakai (foreign travel commemorative tea gathering)” held at the Kyoto villa Hekiunso in December 1923,
"Houshusha Shinseki Hirou Chakai (tea ceremony at grand opening of renovated tea room) "
held at Toyokuni Shrine in November 1924,
and “Koetukai (tea ceremony to honor Hon’ami Koetsu” held at Kigyuuan in the fall of 1925.
 
Tokuan refined his aesthetic sense by collecting a number of works of art as well as hosting and participating in countless tea ceremonies. 
We would like you to explore the Wabi, and the beauty of simplicity by seeing the exhibitions of Tokuan’s tea ceremonies.
 
 
藤原成経筆 三首懐紙(南遊記念茶会)
織部梟香合(南遊記念茶会)
瀬戸玉柏手茶入 銘 槙葉(南遊記念茶会)
紅葉呉器茶碗(南遊記念茶会)
豊臣秀吉筆 読寄松祝和歌懐紙(豊秀舎・新席披露茶会)
山本春正作 菊桐研出蒔絵棗(豊秀舎・新席披露茶会)
胡銅麒麟香炉(豊秀舎・新席披露茶会)
福島正則共筒茶杓 銘 まつ嶋(豊秀舎・新席披露茶会)
色絵枡水指(豊秀舎・新席披露茶会)
伝小野道風筆 小島切(光悦会)
青磁珠算玉花入(光悦会)
藪内剣仲作茶杓(光悦会)
古染付張甲牛香合(光悦会)
伊賀瓢形耳付水指(光悦会)
《主な展示作品》
 
「南遊記念茶会」より
  藤原成経筆 三首懐紙・織部梟香合・天命菊花釜・南蛮縄簾水指・瀬戸玉柏手茶入 銘 槙葉・紅葉呉器茶碗 など
 
「豊秀舎・新席披露茶会」より
  豊臣秀吉筆 詠寄松祝和歌懐紙・胡銅麒麟香炉・天命真形栗猿地文釜・福島正則共筒茶杓 銘 まつ嶋 など
 
「乙丑 光悦会」より
  伝小野道風筆 小島切・青磁珠算玉花入・古染付張甲牛香合・伊賀瓢形耳付水指・粉引茶碗・織部在判古竹蓋置 など
 
 その他 野村得庵筆 蔵帳・他会記、野村得庵作 香合・茶入・茶碗も合わせて展示
 
※ 美術品の状態などの事情により、展示を変更する場合がございます。何卒ご了承下さい。

チラシ

ちらし裏
ちらし裏

2020年秋季 地階併設展

[ 個  展 ]
 
やわらぎをもって 村田浩一郎 高麗茶垸展   1024日(土)  ~ 11月  1日(日)

作陶五十年・襲名二十周年 

東海道五十三次茶盌完成記念 叶松谷展     11月  3日(火)  ~ 11月  8日(日)

田端志音 作陶展 [えもよう]          11月10日(火)  ~ 11月23(月)

中村康平茶盌展「現代の古典」           11月25日(水)  11月29日(日)

第六回 幽展 山崎脩・甲斐玲子        12月  1日(火)  12月  6日(日)

保庭楽入 信楽 茶陶展            12月  8日(火)   12月13日(日)

 

 

[個展]中村康平茶盌展「現代の古典」 11/25(水)~ 11/29(日)

井戸茶碗(筒井筒写)
井戸茶碗

ご来館のお客様へのお願い

 
・館内では飲食・喫煙はできません。
・展示室および立礼茶席は写真・ビデオ撮影はご遠慮下さい。
・携帯電話・スマートフォン・タブレット等、各種電子機器の使用はご遠慮ください。
・危険物や汚物、動物等の持ち込みはお断り致します。
・鉛筆以外の筆記用具の使用はご遠慮ください。
・酒気を帯びた方のご入館はお断り致します。

泉屋博古館・野村美術館連携企画 相互割引のお知らせ

「京都東山 美術館さんぽ」 泉屋博古館・野村美術館相互割引
 この秋、京都東山のふもとの2つの美術館が、相互割引企画を実施致します。
 一館の入館券半券のご提示で、もう一館が割引料金でご覧いただけます。
 ぜひ秋の京都での美術鑑賞をお楽しみください。
 
 ※割引時はお一人様につき一枚の半券が必要です。
 
[対象の展覧会期間中、泉屋博古館に入館された方]
野村美術館へ入館時、一般料金を100円引きにて入館いただけます。 
(※他の割引とは併用できません)
 
[対象の展覧会期間中、野村美術館へ入館された方]
泉屋博古館へ入館時、2割引の料金にて入館いただけます。
一般 800円 → 640円
高大生600円 → 480円
中学生以下 無料

●対象の展覧会●
[泉屋博古館]
  9/12 - 10/18「開館60周年記念特別展 瑞獣伝来 空想動物でめぐる東アジア三千年の旅」
10/30 - 12/ 6 「開館60周年記念名品展Ⅱ 泉屋博古 -住友コレクションの原点」
[野村美術館]
  9/5 - 10/18 「懐石のうつわ -秋・冬のしつらえ-」「煌めきのギヤマン・バカラ ガラスの懐石具」 
10/24 - 12/13 「野村得庵没後75年 茶の湯のわびと美」
TOPへ戻る