本文へ移動

研究紀要

研究紀要について

研究紀要
本研究紀要は、美術館における研究活動の重要性を考え、1992年に発刊致しました。
 
 ※ 在庫・購入方法等につきましては、
   当館HP「お問い合わせ」よりメールをお送りください。
 ※ 第13号のみ販売価格が他の号と異なります。
 ※ 第1号・7号・16号・20号・24号・25号は売切となっております。
   ご了承ください。
 

最新号

研究紀要 第27号
  
第28号(2019年) 研究紀要 目次
 
唐津焼 奥高麗茶碗の認識の変遷について           金好友子
《研究ノート》日比家文書に見る江戸時代後期鳥取の裏千家茶道 岡 宏憲
《研究ノート》小堀遠州と末次平蔵              藤生明日美
《研究ノート》犬山焼の絵付に関する資料の紹介        井上あゆこ
          -窯業地秘伝の薬法書・陶器図案が伝わるまで-
《調査報告》野村美術館所蔵・南蛮毛織抱桶水指の科学分析
         望月規史・赤田昌倫・大橋有佳・酒井田千明・桐山秀穂
《翻刻》茶湯紹利織伝 春・夏                五福伊八郎
《翻刻》野村得庵茶会記(十六)            野村美術館学芸部
 
2019年3月刊行(最新号)1冊 1,500円(税込) 

 

当館発行図書が韓国の優秀学術図書に認定されました

当館開館30周年記念事業の一環として、2013年に当館の『研究紀要』第22号「韓国の茶文化」全巻を韓国語に翻訳して、ソウルのアウラ出版社より刊行しました。
 
この図書が、韓国政府が所管する「韓国出版文化産業院」が選定する2013年優秀学術図書に認定されました。
 
当館では、日韓の学術交流に尽力してきましたが、このような形で認められた事をご報告すると共に、今後とも相変わらぬご支援をお願いする次第です。
 
※ この書籍は、野村美術館では販売しておりません。

研究紀要・総目次

研究紀要・投稿規定

本紀要は、研究者の皆さんに広く門戸を開放しています。特に若い研究者の方の投稿をお待ちしています。
内容は、茶文化研究を骨子とするも、必ずしもこだわらず、日本および東洋文化に関するものであればよいです。
詳細は、上記のPDFを御確認ください。

 
TOPへ戻る