野村美術館のご案内

  • HOME  > 
  • 野村美術館のご案内
 

野村美術館の設立

野村美術館の設立
 
野村得庵
野村徳七(号得庵)
野村美術館は、野村證券、旧大和銀行などの創業者 野村徳七 (とくしち 写真) 〈1878-1945〉 のコレクションをもとに、昭和59(1984)年に開館致しました。

野村徳七は、明治11年に大阪に生まれました。27歳で家業の両替商を継ぎ、有価証券売買の将来性に着目し、証券業をはじめ、金融・海外事業など多数の企業をおこし、野村財閥を築き、戦前は貴族院議員としても活躍しました。
一方で、得庵 (とくあん)  と号して、茶の湯や能楽 などに親しみ、南禅寺畔に別邸碧雲荘 (現在、非公開) を構え、趣味活動を展開させました。
 
 
点前をする野村得庵
点前をする野村得庵

現在、美術館では、得庵のコレクションであった茶道具・能面・能装束をはじめ、得庵の遺作も含めて約1700点を所蔵しています。

そのなかには、重要文化財 7点 ( 「伝紀貫之筆寸松庵色紙」・ 「佐竹本三十六歌仙・ 紀友則」・ 「清拙正澄筆秋来偈頌」・ 「宗峰妙超筆 白雲偈頌」・ 「雪村周継筆風濤図」・  「千鳥蒔絵面箱」・ 「藤原定家筆讃岐入道集」 ) や、重要美術品 9点 など指定美術品も含まれています。
 

 
能を舞う野村得庵
能を舞う野村得庵
野村美術館のある南禅寺畔は、哲学の道や永観堂も近く、桜や紅葉の名所としても知られる風雅で静かなところです。
そのような環境にある美術館では、得庵コレクションを中心に、春季(3月上旬~6月上旬) と 秋季(9月上旬~12月上旬) の年2回、毎回テーマをかえて展示しています。
 

開館時間・入館料

開館時間・入館料
 
開館期間 
   春季 (3月上旬から6月上旬)
   秋季 (9月上旬から12月上旬)
     
開館時間
   10:00~16:30 (※ ご入館は16:00までです。)
 
 
休館日
    ・ 夏季、冬季 (上記開館時期以外の期間。)
             ・ 開館期間中の月曜日 (月曜日が祝日の場合は開館、翌火曜日休館。)
      
      
入館料
 
 
 大人  700円
 大・高生  300円
 中・小生  200円
 団体(20人以上)
 高齢者(70歳以上)
 500円
 

障がい者の方へ

障がい者の方へ
 
 障がい者の方は、障害者手帳を受付にてご呈示いただきましたら、ご入館料が300円になります。
 また、お付き添いの方が要と障害者手帳に記載がある場合は、お付き添いの方も300円になります。
 ご不明な点などございましたら、お問い合わせ下さい。
  
 

立礼茶室

立礼茶室
 
立礼茶室
美術鑑賞の合間にいかがですか

   椅子に腰掛けて、作法などは気にせずに
   京老舗の季節の上生菓子 と 宇治の抹茶
   をお楽しみください 。
 
   
   料金 : 600円

  
 5名様以上ご利用の場合は、要予約願います
   立礼席は、美術館閉館30分前、16:00で終了致します。
   また、日によっては生菓子がなくなり次第終了することもございます。
    何卒ご了承下さい。
 
    
 
 

【注意】

【注意】
 
写真・文章等の情報を無断で転載・複製することを禁じます。
 

お問い合わせフォームへのリンク

お問い合わせフォームへのリンク
 
<<公益財団法人野村文華財団野村美術館>> 〒606-8434 京都府京都市左京区南禅寺下河原町61 TEL:075-751-0374 FAX:075-751-0586