本文へ移動

展覧会情報

2019年 秋季特別展

2019年秋季特別展
 見て、知って、楽しむ 茶碗の世界 
 
 【前期】8月 31日(土) ~ 10月 14日(月) 
【後期】10月 16日(水) ~ 12 月 1 日(日)
 
 
茶を飲むための茶碗は、16 世紀に茶の湯が確立する頃には天目類が多く使用され、
その後中期には朝鮮半島製のもの、ついで備前や信楽などが使われるようになるなど、
時代を経る毎に茶の湯で使われる茶碗の種類は増加していきました。
そして茶人達は中国製のものを「唐物」、朝鮮半島製のものを「高麗物」、
日本製のものを「和物」と呼ぶようになり、また「和物」は主として産地により分類され、
仁清や乾山など優れた名工の作品はその人物名で呼ばれました。
今回の展覧会では年代や産地によって様々な特徴・魅力を持つ茶碗を選りすぐり展示します。
実際に茶碗を「見て」、「知って」いただき、抹茶を飲むことをイメージして
展覧会をお楽しみいただけたら幸いです。
 
【※ 10月15日(火)に全面的な展示替を行います。】
 
灰被天目(前期展示)
彫三島茶碗 銘 池水(前期展示)
長次郎作赤楽茶碗  銘 獅子(前期展示)
仁清 金筋茶碗(前期展示)
薩摩荒磯絵茶碗(前期展示)
陳元贇 染付山水絵茶碗(後期展示)
御本立鶴茶碗(後期展示)
高取茶碗 銘 香久山(後期展示)
鼠志野茶碗 銘 横雲(後期展示)
《主な展示作品》
【前期】 灰被天目・祥瑞沓形・珠光青磁 銘初花・坂本井戸・蕎麦 銘藤浪・安南絞手・織部暦絵・瀬戸唐津  銘冬の月
仁清 金筋・乾山 山水画讃・樂長次郎作赤 銘獅子・樂道入作赤 銘柘榴・薩摩荒磯絵 など 

 

 

【後期】 大天目・人形手・絵高麗梅鉢文・本願寺井戸・御本立鶴・金海・紅安南・練上志野 銘猛虎・鼠志野 
銘横雲・黒織部・高取 銘香久山・伊賀 銘すね市三猿・絵唐津 銘 嶺雲  など
 
※ 美術品の状態などの事情により、展示を変更する場合がございます。何卒ご了承下さい。

2019年秋季 地階併設展

[ 個  展 ]
 

「啜茶時光」豊増一雄茶茗陶展             1016日(水)  ~ 1020日(日)

大森礼二 茶道具展                1022日(火)  ~ 1027日(日)

唐津 安永頼山茶陶展               1029日(火)  ~ 11月 4 (月)

杉本貞光 わびさびに思いを              11月  6日(水)  1117日(日)

影向  村田浩一郎 茶垸展                          1119日(火)  1124日(日)

森の奥、フランス人陶芸家二人展                            1126日(火)   12月  1日(日)

 Au cœur de la forêt : deux potiers français

 

チラシ

ちらし表
ちらし裏

展覧会予告

2020年春季特別展(予告)

2020年春季特別展は、
「懐石のうつわ(仮称) を予定しております。
 
【前期】 3月7日 (土) ~ 4月19日(日)    
【後期】 4月21日 (火) ~ 6月7日 (日)
 
前期・後期で全面的な展示替えを行います》

カレンダー

2019年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る