本文へ移動

展覧会情報

2020年 春季特別展

2020年春季特別展
 懐 石 の う つ わ 
 
 【前期】 3月  7日(土) ~  4月 19日(日)    
【後期】 4月 21日(火)  ~ 6月  7日(日)   
 
 ※ 前期と後期で全面的な展示替を行います。
 
1F展示室では懐石料理にかかすことのできない“うつわ”に焦点をあて、
野村得庵愛用の鉢類、椀類、向付、徳利や盃等を展示します。
前期は春のデザインのあるものを中心に、
後期では秋・冬のデザインのものをご覧いただけるような構成にて行います。 
 またBF展示室では、明治末期頃に大阪の美術商・春海商店三代主人の春海藤次郎が、
フランス・バカラ社に図面を送りオーダーし、野村得庵のもとへ収められた懐石具一式や、
その他ギヤマン大皿といった、ガラス製の皿や鉢を陳列します。
 1FとBFの展示を併せて、季節を感じながら様々な懐石のうつわをお楽しみ下さい。
永楽保全作 赤絵金欄手鉢(前期展示)
乾山 百合絵鉢(前期展示)
織部手付鉢(前期展示)
正木焼俵形鉢(前期展示)
古染付半開扇向付(前期展示)
原羊遊斎作酒井抱一下絵 蕨蒔絵膳・椀(前期展示)
呉洲赤絵玉取獅子鉢(後期展示)
仁阿弥道八作 雲錦手四方鉢(後期展示)
備前つぶ足菊皿(後期展示)
仁清 百合形向付(後期展示)
祥瑞捻徳利(後期展示)
朱地鼠嫁入蒔絵盃(後期展示)
《主な展示作品》
 
 【1F前期】青貝桜蒔絵懐石具、原羊遊斎作酒井抱一下絵 蕨蒔絵膳・椀、織部手付鉢、乾山 百合絵鉢、
       永楽保全作 赤絵金襴手鉢、染付山水絵徳利、祥瑞格子盃、横笛作 捻文盃 など
 
 【1F後期】朱地貝尽蒔絵懐石具、祥瑞二段捻鉢、仁阿弥道八作 雲錦手四方鉢、青木木米作 開扇鉢、
       仁清 百合形向付、染付雪花文徳利、樂惺入作 雁絵盃、永楽保全作 黒織部写盃 など
 
 【BF展示室】 バカラ社製 飯碗・汁碗・煮物碗・向付・飯器・しゃもじ他、ギヤマン大平皿 など
 
※ 1F展示は前期と後期で全面的に展示替をいたします。
※ BF展示に限り全期間(3/7 ~ 6/7)展示
※ 3/13(金)・4/10(金)・5/22(金)は、都合によりBF展示室を閉鎖致しますのでご了承下さい。
 
※ 美術品の状態などの事情により、展示を変更する場合がございます。何卒ご了承下さい。

チラシ

ちらし表
ちらし裏

展覧会予告

2020年秋季特別展(予告)

2020年秋季特別展は下記の通り、
2つの展覧会を予定しております。
 
「得庵茶会再現(仮称)」    9月   5日(土) ~ 10月18日(日)
 
「高麗茶碗の不思議(仮称)」   10月24日(土) ~ 12月13日(日)
 
TOPへ戻る